eラーニングを始めよう

eラーニング

イメージ

イーラーニング(eラーニング)

イーラーニング(eラーニング)とは、おもにインターネットを利用して学ぶ事をいいます。イーラーニング(eラーニング)は、多くのメリットがあります。ちなみにラーニングの "e" は、electronic(電子的な)の意味で、日本語においてもアルファベットのままの表記が多いでしょう。ちなみに教科書、ノート、問題集などのアナログデータをコンピュータ上のファイルとしてデジタル化しただけのものを、イーラーニング(eラーニング)と呼ぶかどうかは、議論が分かれています。このサイトではイーラーニング(eラーニング)と通信教育両方について解説します。

イーラーニング(eラーニング)使用機材

イーラーニング(eラーニング)に使用する機材としては、パーソナルコンピュータ(PC)、CD-ROM、DVD-ROM、デジタルテレビ、携帯端末(携帯電話、PDA (携帯情報端末)等)などがあります。また、情報通信に関しては、インターネットなどのコンピュータネットワークを通じて、ハイパーテキスト、電子メール、電子掲示板、電子会議、ビデオ配信などの技術が活用されています。特に、携帯端末を利用した方法についてはmラーニング・uラーニングなどと呼ばれる場合も多くあります。

イーラーニング(eラーニング)の歴史

コンピューターを用いた学習や教育は、以前より考案されていて、CAI(コンピュータ支援教育)などをはじめとする各種の形態がありました。その後、CBT(computer-based training)や WBT(web-based training)などの発展とともに、1990年代にイーラーニング(eラーニング)が現れました。

近年のイーラーニング(eラーニング)

イーラーニング(eラーニング)は、通信技術の進歩と普及により教師対学習者や学習者相互間などのコミュニケーションが可能なこと、学習者の自学自習が無理なく進むように適切な進度が保てること、教師が弾力的に教育活動を行うための学習者に関する各種情報を記録することなどに配慮されている場合が多くあります。近年では、従来、主に郵便に頼ってきた通信教育にも取り入れられつつあります。

大学とイーラーニング(eラーニング)

大学での授業方法の組織的革新を求めるファカルティ・ディベロプメントにおいても、イーラーニング(eラーニング)は重要な役割を占めています。イーラーニング(eラーニング)は従来の機材よりもはるかに安く、DVDを用いた復習ができるほか、演習によるチェックシステムを構築することも可能です。

イーラーニング(eラーニング)システム

イーラーニング(eラーニング)システムとは、イーラーニング(eラーニング)を実施するための情報システムであり、おおまかには、「教材・学習材」と「学習管理システム」 (LMS, learning management system) から構成されています。なお、システムを含まない「イーラーニング(eラーニング)」という用語単独でも、イーラーニング(eラーニング)のための情報システムを意味することもあります。

イーラーニング(eラーニング)利用者

イーラーニング(eラーニング)システムの利用者には、「学習者」と「教師」が想定されていて、学習者用の機能と、教師用の機能は別のものになっています。また、多くのeイーラーニング(eラーニング)には、イーラーニング(eラーニング)の「システム管理者」(システムアドミニストレータ)がおかれ、システム管理者によって、学習活動・教育活動に対する支援が行われる場合もあります。

イーラーニング(eラーニング)に必要な要素

イーラーニング(eラーニング)システムに最低限必要な要素は、「教材・学習材」と学習者で、イーラーニング(eラーニングの専用システムとしては「iStudy」に代表される自習システムがあります。専用システムではなく World Wide Web の技術を使用したものは、WBT (web-based training) とも呼ばれることもあります。

イーラーニング(eラーニング)のチュートリアル機能

イーラーニング(eラーニング)の自習システムの特殊な例として、コンピュータソフトウェアのチュートリアル機能があげられます。チュートリアルは、画面の指示にしたがって操作などをしながら、ソフトウェアの使い方が学習できることを意図して作成されているものです。チュートリアル機能は、ソフトウェアの機能の1つとして付随している場合があります。最近では、SCORMなどの標準技術が確立されてきていて、システムの技術は確立されてきています。

イーラーニング(eラーニング)の教材・学習材

イーラーニング(eラーニング)の教材・学習材(コンテンツとも呼ばれます)には、静止画や動画の映像、音声、文章などを組み合わせたマルチメディア形態のものがきわめて多くあります。これらは、電子図鑑や電子百科事典などのように、主に資料提示型の教材として活用されています。

イーラーニング(eラーニング)と試験

イーラーニング(eラーニング)で学習した内容を逐次確認していく「小テスト」、問題演習を行うことのできる「ドリル」、さらにそのまとめとしての「試験問題」なども教材・学習材です。これらは、学習管理システムと連携して学習者の学習履歴を残すことができるものが多く、これを活用することで、イーラーニング(eラーニング)学習者が十分に習熟できていない部分を見つけたり、イーラーニング(eラーニング)を集団で実施している際に学習集団に対する支援に役立てたりすることもできます。

イーラーニング(eラーニング)学習管理システム(1)

イーラーニング(eラーニング)システムにおける学習管理システムは、教師などによる教材・学習材の保管・蓄積、学習者への教材・学習材の適切な配信、学習者の学習履歴や小テスト・ドリル・試験問題の成績などを統合的に管理するもので、一般に LMS (Learning Management System) と呼ばれます。学習管理システムは、大人数の受講者の成果を把握しやすくするために用いられます。

イーラーニング(eラーニング)学習管理システム(2)

イーラーニング(eラーニング)の学習管理システムは、学校における面接授業の代替(学習管理システムを介したものを中心とした授業)や面接授業との併用(一部分で学習管理システムを活用している授業)、企業における社員教育などで活用されています。学習管理システムは、学習者にとってのポータルサイトとしての役割も持っていて、学習管理システムからログインして、学習や試験といった一連の操作を行うことになります。また、補完的な機能として学習者相互間、教師対学習者などのコミュニケーションをする電子掲示板なども学習管理システムが持つ1つの機能として設けられていることも多くあります。

イーラーニング(eラーニング)のメリット

学習者側のメリット
  • 同時間、同一場所に集まる必要がなく自由な時間場所で学習できる。
  • 自分のペースや達成度に応じて学習を進めることができる。
教師側のメリット
  • 成績管理などの自動化が図れる。
  • 教師は必ずしも必要はない。

    また、イーラーニング(eラーニング)は集合教育よりも、スケールメリットを生かせる分、低コストなのも魅力です。

イーラーニング(eラーニング)のデメリット

学習者側のメリット
  • 学習意欲の持続が難しい場合がある。
  • 質疑などその場での問題解決がしにくい。
  • 教師やほかの学習者との交流がとりにくい。
  • 資格や単位を取ることができない場合がある。
教師側のメリット
  • 学習者の状況をデータからしか把握できない。
  • 教材・学習材の作成の工数が大きい。

    また、現在のところ、イーラーニング(eラーニング)教材・学習材の内容は、実技を必要とするような科目に向かないと考えられています。

イーラーニング(eラーニング)の学校設置基準


学校設置基準とは、学校(大学などを含む)の設備編制などを定めたもののことで、教育課程(カリキュラム)に定められた授業を行う際に必要とされる要件なども定められています。

規定

大学設置基準に基づく文部科学省告示などにはイーラーニング(eラーニング)に関わる規定もあります。規定では高等教育を行う学校(大学・大学院、短期大学、高等専門学校)の単位を与える授業においてイーラーニング(eラーニング)を教室以外の場所等で学習者に受講させる場合は、同時かつ双方向に行われる遠隔授業などを除けば「毎回の授業の実施に当たって設問解答、添削指導、質疑応答等による指導を併せ行うものであって、かつ、当該授業に関する学生の意見の交換の機会が確保されているもの」でなければならないと定められています。

Copyright (c) 2013 elw.JP All rights reserved.

△このページの先頭へ